読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
アクセスカウンタ
※カテゴリー別のRSSです
QRコード
QRCODE

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2012年01月17日

「人はなぜ病気になるのか」をみます。

こんにちは。


ホメオパシー(ヨーロッパ等でよく使われている自然療法)を日本に広めた第一人者、由井寅子先生の

講演会DVD「人はなぜ病気になるのか」をみます☆

由井先生のお話は、面白くて深くて、人の心に届く魅力がありますface02kirakira01


前のDVD「症状はありがたい」もとてもよかったですが、今回の内容の方が個人的には好きかも。

症状がありがたいって、なんで??と思うかもしれませんが、寅子先生の話をきくと、それがとても自然なことなんだと分かります。
(腐ったエビを食べたら、毒素を吸収する前に下痢になって出した方が自然です!!)


ホメオパシーで、自然治癒でどんどん自然体に、健康になっていく実際のケースをみることもできます。

それをみると、人間って、自分で治ろうとする生命の力があるのだな~と思います。

ホメオパシーのレメディーという小さな砂糖玉は、それを後押しするかんじです。

薬で抑えた分、自分で治ろうとする生命力が小さくなってしまいます。まずは自然治癒の働きをつかって、ダメなときは薬を使ってみてもいいのでは?
 

←由井先生著「ホメオパシーin Japan」
  家庭用セルフケアキットの参考書であり、初心者さんに一番オススメ本です。



flowerDVD「人はなぜ病気になるのか」鑑賞&勉強会flower

1月20日(金)13:30~15:30

1月22日(土)10:30~12:30


*ちいさなサロンでのんびり勉強会なのでお気軽にどうぞ。

  ご予約制です☆

HSP SHOP高崎(スズラン裏)
080-1117-8950
bodabodai@yahoo.co.jp

  


Posted by rinden at 19:50Comments(0)ホメオパシー

2012年01月10日

放射能対策にいかがですか?


こんにちはface02
昨日の満月が素敵でした。

新しい年の初めての満月だそうです。
これからは、精神文明時代なのだそうですicon12



ところで、放射能が身近になり、気になる方もたくさんいらっしゃると思いますが、
ホメオパシーを使った、予防と解毒のガイドブックがありますflower



 ホメオパシーは、ヨーロッパ等でよく使われている代替療法です。
海外では健康保険が使える国もあるし、英国には病院もあります。

けっこう有名人も利用しているそうです(ベッカムとか)



チェルノブイリの事故の際にも、手助けになったという著者の本です。

例として、ババリア地方の放射性降下物は非常に多かったが、急性や亜急性に被毒した人々の中毒症状を短期間で取り除き、25年後も後遺症がないそうです。


副作用のないホメオパシーですから、やってみる価値はあると思います。




*参考*
「ホメオパシーの手引き⑬  放射能」  放射線と放射性物質のホメオパシー的解毒と予防
ラビ・ロイ&カローラ・ラーゲ・ロイ著
ホメオパシー出版

*当ショップでもお取り扱いしていますflower

 



こちらはホメオパシー レメディーと、レメディー入りクリームです→


日常生活でも何かと使えて、便利です。
もちろん、クリームもナチュラルです。



「ホメオパシーって何?勉強会」参加者も募集中♪
初心者向け☆まずはどのようなものか話を聞いてみたい方にanimalkirakira01

1月15日(日)11:00~
1月19日(木)11:00~
1月24日(火)11:00~

参加費500円(ドリンク付)  約1時間  *ご予約制

別の日時がよい方もご連絡ください☆


こちらまで★080-1117-8950★

小さなサロンでのんびり勉強会ですのでお気軽に。



  


Posted by rinden at 17:53Comments(0)ホメオパシー

2011年12月21日

「ドイツ生まれの自然療法 ホメオパシーってなぁに?」



ホメオパシーを学ぶ学生さんたちが、ホメオパシーを暮らしの中で、もっと気軽に、シンプルに、自分らしく取り入れるために書かれた、
とっても分かりやすくて、使ってみたくなる本です。
抜粋して、ご紹介。


ホメオパシーは、200年の歴史があり、世界中で親しまれています。

体とこころ、魂にまで働きかける、優しい療法で、薬のような副作用がないので、赤ちゃん、妊婦さん、お年寄り、ペットまで、幅広く使用できます。

急な事故やケガ、慢性症状も、さまざまな体とこころの問題に対応できます。


海外では、ホメオパシー療法に医療保険がきく国も多くあります。
イギリス、フランス、ブラジル、メキシコ、インド、パキスタンなど。

イギリスには、国営のホメオパシー病院が4つあります。

ヨーロッパ、オーストラリア、南アメリカなどでは、ごく一般的にホメオパシーが家庭でのケアに取り入れられています。
ドラッグストアなどで気軽にレメディー(ホメオパシーで使う、植物等を高度に薄めた砂糖玉)を手に入れることができます。


ヨーロッパでは、日本のように「具合が悪い=医者=すぐ薬」という習慣ではありません。

こどものかかる病気や簡単な応急処置の場合、多くの家庭でホメオパシーなどの自然療法が気軽に取り入れられています。


2004年の新聞には、世界でインフルエンザ治療薬の「タミフル」の投与を受けた5000万人のうち、実は7割が日本人だったと報じられました。
また、大学病院の医師の話では、日本人はヨーロッパ人に比べて約40倍の抗生物質をとっているそうです。

日本人は薬の消費大国なのです。


病気になる→観察して自然療法でケアしてみる→だめならお医者さんへ→薬
または
お医者さんに相談、診断してもらう→自然療法→だめなら薬

というように、ワンクッションおいてみてはいかがでしょうか。



以上です。
わたしも、ホメオパシーが選択肢の一つになるといいなと思います。

ホメオパシーの学校の学生だった頃、わたしもイギリスに研修に行きました。
たしかに、町のマツキヨみたいなスーパーで、ホメオパシーはハーブやフラワーエッセンスと並んで販売されており、気軽に使っているんだなと思いました。

もちろん、医者も薬も大事です。必要なときには使いたいと思います。

でも、薬をとることが、ほんとうの問題解決になっているのだろうか。

そんな風に疑問に思ったことはないでしょうか。

わたしは、病院で働いていたときに思いました。

ほんとうの治癒ってなにかな。


ホメオパシーを通して、いっしょに学びませんか?

超初心者さま向け、かんたんホメオパシー勉強会を随時しています。

お気軽に、声かけてください。



ショップにやって来てくれた、ポインセチアface01

  


Posted by rinden at 18:45Comments(0)ホメオパシー

2011年03月24日

毎月見る水の夢~ホメオパシーでデットクス~

rindenですflower


ガソリンをやっと入れてショップに来ました。

計画停電を避けて、オープンしています。


ホメオパシーしている方、
当方でも放射線対応レメディーの配布をしています。
たくさんではありませんので、
お問い合わせくださいicon30kirakira01



さて、こちらは本日ご来店のFさんでーす。

ホメオパシー基本キットの中から、ナックスボミカとソーファーを選んでデトックス(老廃物の毒出し)をしています。
毎月3日間です。

そうすると、そのデトックス期間は、毎月水の夢をみるのだそうです。

川や、何回も洗濯したりなど・・

おもしろいですね。

ユング心理学などでは、水は無意識や感情の象徴ですよね。

感情のお洗濯をしているのかもしれませんicon12ase02


ちなみに私は、一時期大波に飲まれる夢を繰り返しみました。
(数年前ですので、今回の地震とは別と思います)

現実の生活はのんびり、でも内側の世界は激しいようです。



この毎月デトックス、お伝えした私がすっかりやるのを忘れていましたが、Fさんとお友達はしっかり毎月実践されていました!!
夢日記までつけて。
お友達は、花粉症がいくぶんラクだそうです。

いま、放射線の問題もあるので、わたしも毎月デトックス、
再開します。






  


Posted by rinden at 18:50Comments(1)ホメオパシー

2011年03月13日

ホメオパシーキット&入門書で地震のトラウマ対応★

rindenですflowerkirakira01




ホメオパシーはヨーロッパなどでよく使われる自然治癒を高める療法です。
植物など、物質が検出されないほどに薄めて小さな砂糖玉にしたもの(レメディー)を使います。

緊急時にとても便利物ですgu01icon12

家庭用救急箱のように使える36本入りキットと、使い方の入門書があります。




大きな出来事や災害はトラウマになることも。

レメディーキットでケアがおすすめです。

キットをお持ちの皆様、参考にどうぞflower


以下は、ホメオパシー医学協会からの引用です。


恐かった子どもたち、動物たちにも使えます。

Acon. (アコナイト)恐怖、後に恐怖が続く
Op.(オピューム)恐怖、恐怖の感覚が麻痺するほどの恐怖
Arg-n. (アージニット)恐怖、パニック
Stram.(ストロモニウム)恐怖
Ars.(アーセニカム)不安、心配、下痢
Arn. (アーニカ) Hyper.(ハイペリカム)打撲、ケガ
Canth.(カンサリス) Ars.(アーセニカム)火傷への対処
Phos.(フォスフォラス)感電への対処
Nux-v.(ナックスボミカ)Ars.(アーセニカム) Carb-v.(カーボベジ)有害物質よる空気汚染もしくは、雨



     
  


Posted by rinden at 19:17Comments(0)ホメオパシー