読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE

2011年06月05日

100,000年後の安全、見てきました★放射性廃棄物のこと。



ドキュメンタリー映画です。

原子力発電所から出される
高レベル放射性廃棄物。

フィンランドで、世界初の最終処分場である、永久地層処分場の建設が進められています。

固い岩を削って、巨大地下都市のようです。


世界中にある、高レベル放射性廃棄物の量は、少なくても25万トン。

この処分場に入れられるのは、ごく一部。

これらが、人体に影響がないレベルになるまで、

およそ10万年mark01

この処分場は、廃棄物が入れられたら、施設は封鎖され、二度と開けられないように10万年間保管される計画。


10万年、途方もない年月です。

映画でも、開けられない保障はあるのかと、10万年後の人類に、危険なものだと知らせる方法はあるのかと、繰り返し言っています。

わたしたち、こんなどうすることもできないものを、大量に作り出して、無責任です。



今から10万年前は、人類は文明以前のこと。
原始時代。

今から10万年後は、まったく違うシステムの文明かも。

私たちが、ピラミッドがどのような目的で作られたのか、完全には分からないように、

未来の人類は、この処分場が宝物が隠されていると思って、開けてしまうかも。
というような、内容でした。




処分場は地下深く封鎖されて、時と共に存在は忘れ去られて、

いつかその地上は豊かな森や住宅地となり、

まさか自分の住んでいる土地の地下深くに、

放射性廃棄物が大量に埋められているなんて、
思いもしないだろうな。

いま自分たちが住んでいる土地も、実は何があったかなんて分からないけど。

日本で使った分の廃棄物はどうするつもりなんでしょう。



シネマテーク高崎で、6月10日まで上映しています。










上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
100,000年後の安全、見てきました★放射性廃棄物のこと。
    コメント(0)